You are here: Home » インテリア・家具 » 第8回は、クラシックテイスト。

第8回は、クラシックテイスト。

こんにちは、スタイルハウスの古谷です。

このブログをご覧いただけているということは、みなさんお気づきでしょうか。

そうなんです!
この度スタイルハウスのホームページが リニューアル しました!!
HP

(まだご覧になられていない方はこちら → http://www.stylehouse-nh.jp/ )

華やかなトップページに加え、今回から動画ページを設けました!(トップページの下の方にございます。)
movie

スタイルハウスについて各専門スタッフがお答えしておりますので、
ぜひご覧ください(‘▽’*)ニパッ♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

さてさて、今回もテイストシリーズをお送りします。

第8回は 「 クラシックテイスト

クラシックなテイストでまとめようとすると、どうしても主張の激しいものになりがち。
猫足のものやダークブラウンなどを選択したくなりますよね。

「コテコテしすぎるのはちょっと・・・」 「程よく取り入れたい・・・」 という方にオススメ!

こちらの建売住宅を使って、スタイルハウスらしいクラシックテイストをお伝えします。

フォレストタウン笠原№6
IMG_1521

外観は、白の塗り壁とレンガ調のサイディングで温かく上品な印象に仕上げました。

内装は、表情豊かなオーク材とカラーバリエーション豊富なドアで
統一感の中に遊び心をプラス。
LD

アンティークな照明でテイスト感をより一層表現しています。
照明

さてさて本題の家具ですが・・・

今回はホワイトアッシュの木目をベースにコーディネート。

ダイニングチェアとソファは、差し色として鮮やかなパープルとグリーンをチョイス。
上質で高貴な印象を与えつつ、ハッキリとしたコントラストで締まりを効かせました。
6060 - 修正

6001

ここでポイント!!

凹凸のあるデザイン や THE クラシック といった柄を取り入れているため、
コテコテしてしまうのでは?と思いがちですが、心配ありません!!

それは で全体のバランスを調整しているから。
無題

先程からちょこちょこ出てきていますが・・・

デザインの主張が強いものは薄いカラーを、
シンプルなデザインのものには原色に近いカラーを選びました。

そうすることでデザインとカラーの均衡を保つことが出来ているのです。

今回のコーディネートでいえば・・・

ダイニングはテーブルのデザインとチェアのカラー
リビングはテーブル・テレビボードのデザインとソファのカラー
ラグもクラシック調のデザインなので落ち着いたカラーにしました。

デザインとカラーのバランスはこのテイストだけに限った事ではありませんが、
クラシックテイストはデザイン性の強い家具を求めるため、特に注意する必要があります。

以上のポイントに気をつければ、コテコテしすぎないクラシックテイストもバッチリ!!
シンプルだけど上品にまとめることが出来ます。

ぜひご参考にして見て下さい(*´∇`*)

今回ご紹介しましたフォレストタウン笠原№6を始め、
スタイルハウスでは様々なテイストの建売住宅をご用意しております。

随時見学受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。

logo_addr

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町
1199-1
営業時間/10:00~18:00 定休日/なし
TEL.029-305-0015 MAIL.info@stylehouse-nh.jp
http://www.stylehouse-nh.jp

ご予約等はこちらから。お待ちしております(o^∇^o)ノ